審査が厳しくなっている?消費者金融の現状

消費者金融といえば以前は比較的審査が甘く借りやすいと言われていましたが、最近ではやや事情が異なってきているようです。消費者金融でお金を借りようと思うとかなり厳しい審査があり、借りることが出来なかったという人は増えているようです。どうしてなのでしょうか?

消費者金融は貸金業法という法律によってさまざまな規制を受けています。そのうちの一つに総量規制と呼ばれているものがあります。これは融資の申し込みを行った人の年収の三分の一以上の融資を行ってはいけないという貸金業法の規定で、消費者金融はかならず申込者の年収や、今現在の貸金業者からの融資実績を確認する義務を負っています。

その結果、すでに年収の三分の一以上の融資を受けていたり、今回の契約で三分の一以上の融資になってしまう場合には融資はできません。また、安定した収入がない場合にも融資を行うことが出来ないため、非正規雇用の増加などによって安定した収入が得られていないと感じられる人からの申し込みがあった場合などに審査を通して融資を行うことができないということになります。このような貸金業法のさまざまな規制によって、消費者金融は審査が厳しくなる傾向があります。