携帯の料金を滞納しているとキャッシングできないのか

毎月の携帯電話の代金を支払えていないにもかかわらず、携帯を使い続けている人がいます。月々の携帯電話の請求を無視した状態で、新規のキャッシングを利用することは、可能なのでしょうか。請求された携帯料金を、ずっと支払わないでいるために、ブラックリストに名前が入ることがあります。たまたま口座の残高が足りなくて、引き落としが出来なかった時など、短期間の滞納は大丈夫です。ただし、支払いを61日以上遅らせてしまうと、信用情報では異動という記載のされ方で記録が残ってしまいます。

携帯料金を払わずに、長期にわたって滞納や延滞をしていると、異動という扱いになります。クレジットカードを新たに作りたい時や、金融会社から融資を受けたくなった時に、異動記録があると審査をクリアできません。新しく融資が受けられなくなるだけでなく、現時点で利用しているキャッシングローンの融資もとまってしまうといいます。新たな融資を受ける時は、信用情報会社に照会すると異動の情報が引っかかって融資を断られます。借り入れ中の融資についても、とまることがあります。新たに更新を行おうと思ってもできなかったり、使用中のクレジットカードやキャッシングローンもある日突然、使えなくなってしまう可能性もあるのです。携帯の支払いだけでなく、キャッシングの返済についても、期日通りに返済していないと、信用情報に記録がつきます。携帯電話を交換したり、契約コースを見直すなどで、新しく契約をし直そうと思ったら、契約自体ができなくなるということも起こりえるわけです。
http://producoesficticias.com