ローンの固定金利と変動金利について

一般的に少額融資の場合におけるローンは固定金利になっていることが多いようです。高額の融資になってくると、ローンの金利は変動金利が採用されることがほとんどです。お金を借りる場合には、固定金利と変動金利とでは、どちらがお得になるのでしょうか。固定金利のほうが利率の変化がないので、計画返済が立てやすいというメリットがあります。

固定金利の方が、変動金利よりも必ずお得になっているかどうかは、必ずしも言い切れません。固定金利にして、金利を一定にしておいたほうが、安心感は高くなるでしょう。総合的に見ると、固定金利よりも変動金利のほうが利率が低くなるケースが多いようです。景気情勢によって高金利になるリスクはありますが、極端に高利率になるケースはまずありません。住宅ローンなどの高額融資においては、変動タイプのほうがかなりお得になることが多いです。リスクを伴うほどリターンも大きくなります。リスクを回避するとなると、リターンも小さくなってしまうのです。ローン商品も同様であり、安全とお得のどちらを取るかによって自分に合った金利タイプが変わってきます。消費者金融議会は固定金利のローンを扱っていることが多いですし、銀行は変動金利と固定金利のどちらも扱うことが多いようです。
http://madison-poss.com