クレジットカードの還元率は比較すべき重要なポイント

手持ちの現金より高い品物を購入したいという時には、クレジットカードで買うことができます。多くのクレジットカードには、ポイントサービスがついていますので、還元率に注意をして使うと、様々なサービスが得られます。最近は、商品を購入する時にクレジットカード決済ができるだけでなく、光熱費や、家賃の支払いにもクレジットカード払いが対応しています。クレジットカード払いに税金の払い込みや、保険料の払い込みができるところもあり、ますます便利になっています。クレジットカードの利点は色々とありますが、ポイントサービスもその中の一つといえます。

クレジットカードのポイントがどのくらいのたまるかはカード会社によりますが、還元率が1%を越えるお得なカードもあります。年会費無料のクレジットカードでは、還元率が高くても1%程度です。還元率1.5%になると、年会費のかかるカードが少なくありません。年会費が15,000円で還元率が1.5%がいいか、年会費が0円で還元率1.0%がいいかは、悩ましいところではないでしょうか。両者の条件を確認してみると、還元率で年会費ぶんの差を取り戻すには、一年で30万円以上のカード決済が条件になります。クレジットカードを使った買い物を、1年間でいくらくらいする予定なのかをシミュレーションして、目処を立てる必要があります。もしも、1年で使うクレジットカードの決済額が30万円を軽くオーバーするのなら、還元率1.5%のクレジットカードがお得です。クレジットカードには利用上限が設定されていますので、その範囲で使った時に還元率分のポイントが幾らになるかを試算しましょう。
http://sabharwalhomestay.com