延滞債務者として登録されてしまう 

延滞債務者とは、簡単に言えば「ブラック」といわれる状態です。
正規の銀行から借りれの場合は、返済が延滞した時に、債務者のほうに連絡が来て、延滞している理由とか、いつごろに入金してもらえるなどの話があり、お互いの話し合いの中で返済の方法が決められていきますので、いきなり、全国銀行個人信用情報センターのいわゆる不良債権者、ブラックリストとして登録されるわけでは有りません。

しかし、消費者金融の場合は、連続して2ヶ月から3ヶ月にわたって返済がない場合だけでなく、例えば返済が遅れた回数が合計で3回以上あった、といった場合にも延滞債務者として認定される場合があります。
ただ、そのようなデーターが、どういう状態でブラックリストに登録されるかといえば、それぞれの消費者金融によって規定があるようで、各社で違います。
このような、延滞債務者となりますと、「この人は過去に何度も延滞している」「この人にお金を貸しても返ってこない可能性の方が高い」「現在も滞っているから貸しても返済できない」などと判断されてしまいます。
そのように、信用情報に傷がつきますと、フリーローン、住宅ローンや自動車ローンなどの目的別ローンを利用することもできなくなってしまいますし、当然消費者金融からの借入も、情報の判断で借り入れできなくなる場合があります。
わずかな金額を返済しないばかりに、その後いろんな面で、不利なことが起こりますので、延滞だけは避けましょう。
法人向けのETC専用カードの申し込み方法とお得な割引制度