消費者金融と銀行の融資

消費者金融と銀行の融資の違いは取り扱う相手が個人か法人であるということが最大の違いと言えます。

一般的に個人に対して融資を行う金融機関を消費者金融と言い、主に法人などに融資を行うのが銀行の融資です。他にも金融機関で預金や為替と言った商品扱っているかという点もありますが、もう1つの大きな違いとして適応される法律が違うと言う事です。銀行は銀行法、消費者金融は貸金業法という企業に向けた法律が管轄となっているのです。

給料 前借り

よって一般的に個人でお金を借りたいならば消費者金融を利用します。銀行と比べて融資が可能になるまでの期間が銀行と比べて最速であるということ、無担保貸し付けということが借りやすい特徴であると言えます。

しかし注意しておかなければいけないのは貸金業法は2010年に改正が行われており、借入金は年収の3分の1という総力規制のルールが設けられました。これにより、過剰な借り入れはストップされます。またグレー金利と言われた部分も基準を超える金利適応が廃止され、貸付条件の明確化しています。利用しやすく、トラブルの無い借り入れがしやす環境になってきているのです。